紫外線を浴びさせないといけないのは、女の子だから。

紫外線は窓ガラスを通過するの?

通過してますよね紫外線。当然そう思ってカーテンは
UVカットのものにしましたが。

紫外線はUVAとUVBがあって、ガラスを通過する
のは、どうやらUVAだけなのです。

ふぅ~ん、どちらにしろ年中紫外線カットに勢力を入れて
ますからね、家でも気抜かりなしの40代ですが。

紫外線を必要な女の子が我が家にいるのです。




(我が家の末娘もうすぐ10カ月!)
3-151.jpg

✨1クリック(。・ω・。)ノ♡



そう、なんてことはないセキセイインコなのですが。
もうすぐ10カ月の赤ちゃんと思っていましたらインコ
の成長は早い!卵を産みましたよ、急に突然!
オスメスどっち?多分メスね、なんて悠長な会話して
おりましたのんきな家族のご飯中に。
いきみ始めて数十秒。ぽろっと落としました。

オルゴール聞かせると寝るほどの赤ちゃん振りで、
卵。その成長にたじろいてしましました💦

1羽飼いですから無精卵です。

ぽんと続けて3個産んだのち、次の卵をお腹に抱えて二日。
いきむも出てこない。。。卵詰まりはに死につながりますから
急ぎ小鳥専門のクリニックへ。

カルシウム不足も原因のひとつであると、カルシウム注射
を受けまして→陣痛促進剤みたいなもの。
その時に医師から、紫外線を浴びてますか?と。

ん?紫外線は百害あって一利なしですから答はノー。
暖かい日には窓際において日光浴をさせていますと
言いましたら、窓ガラスは紫外線通過しませんよ、と。

へーと思って帰宅後調べましたら、UVAは通過するが
UVBは通過しない。

なので、日光浴でビタミンD補給のカルシウムを作らせ
たいセキセイインコには、窓を開けて日光浴が正しい。

紫外線のAとB、どちらも必要なしの40代ですが、
小さな体のセキセイインコにはカルシウムを食べて
紫外線でビタミンD補給のカルシウムを作る、
この2本立てです。


セキセイインコの産卵。
出産を経た私にはなんとも共感するものがあり、
苦しそうな「キュウン」という鳴き声には涙が出ましたよ。

体も小さいですし、今後はなるべく産卵は避けたい。
→発情させない対策を。

やっぱり女の子は大変だ。
産む性ですからカルシウムを意識した生活を心がける。

で、セキセイインコの彼女の場合は毎日体重を計る、
窓開けて日光浴、カルシウム剤の補給、
発情をさせないように、多少のストレスを与える。

なんだか忙しくなってきました。。。。


そして無事卵を産んだあと、発情を抑えるための
ホルモン注射をして頂きまして、ちょっと複雑。。。

そしてその注射代は再診料込みまして
3780円でした。(゜-゜)
私も打ちたい、更年期っぽい症状の現れるは40代。



皆さまごきげんよう。。。。






にほんブログ村
✨美しい1クリックをありがとうございます✨
関連記事
スポンサーサイト

2016/03/17 10:34 | 日常COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |